ダニが増えた日本の住宅では以前よりダニが増えています

ダニアレルギーが急増

戦前の日本ではほとんどの家が木造住宅で冬は非常に寒くなりすきま風がびゅうびゅうとふいて保温性に優れていない状態でした昭和30年代から高度経済成長を向いてそして石油ショックなどがあったことから住宅事情も大きく変わっていきました。
マットレスダニ退治方法

 

窓のサッシなどで気密性がぐっと増し暖房設備が整ってと言わでも暖かく暮らすことができるようになり人としてはとても住みやすくなりました。

 

しかしその機密性の高い住宅というのは人間にとっては住みやすいのですが、結露やシックハウス症候群といったデメリットを引き起こし必ずしも快適な生活環境ではなくなりました。

 

さらにこの時生まれた問題としては誰の問題がありました。

 

難波昭和30年代から30年間でおよそ3倍になったと言われています。

 

その原因はこの機密性が高い住宅にあります。

 

ダニの被害は深刻

 

まずアトピーやアレルギー疾患のもとになるのがこのダニハウスダストです。
チリダニが増えるとハウスダストアレルギーになる人が増えてツメダニが増えると蟻刺されな被害が集中します。

 

室内に住んでいるダニのほとんどはチリダニです。

 

ですのでハウスダストアレルギーが深刻です。

 

ダニが入っているハウスダストを吸い込むと気管支喘息を起こしたり皮膚が炎症を起こしたり鼻炎や結膜炎などなどいろいろなアレルギー症状が起こります。

 

日本のアレルギー疾患の現状今ではダニと3人に1人がアレルギーの症状に悩まされていると言われています。

 

今から10年ほど前の調査なので若干古いですかアレルギー症状がある人は36%にも登りました。

 

そして特にアレルギー症状が多いのは子供です。

 

半分のアレルギーの方が子供でアトピー性皮膚炎といったかゆみや喘息といった呼吸症状が多く鼻炎の症状年齢の差があまりありませんでしたとしの家は気密性が高い住宅でダニやカビがとても発生しやすいところです。

 

ダニのアレルギー反応とはアレルギーが起きる原因を考える場合にアレルギー反応とは何かについて知っておく必要があります。

アレルギー反応

まずアレルギーというのは免疫機能の異常だと思ってよいでしょう。

 

人の体にはウイルスなどの異物が入るとこれを撃退する効果があります。

 

これが免疫機能です。

 

アレルギーというのはこの目機能が異常に働いてしまう自己免疫疾患の一つでダニやカビ花粉などに体がいちいち反応して炎症を起こしてしまうのがアレルギーです。

 

花粉症は有名ですが、実はハウスダストアレルギーはそれ以上に深刻です。

 

アトピー性皮膚炎や気管支喘息に一番原因になっているのはダニが原因だっているハウスダストです。

 

ダニがダントツ多い花粉症などは少ないです。
牛乳や大豆などの食べ物に比べても10倍以上の大さじアトピー性皮膚炎の原因はダニだと言ってもいいぐらいです。

 

ダニは繁殖力がすごいダニを繁殖力が物凄いです。

 

あるところの調査機関によると156匹のダニが3ヶ月間で8万引きに到着しました。

 

そしてこの辺りの一匹一匹は1日に3個の糞をします。

 

そうするとはちまんびきのダニが毎日6個の糞をすると50万この糞が生まれます。

 

そしてダニはに3ヶ月生きると呼ばれていてその間には2億3000万この糞をすることになります。

 

なぜこのハウスダストのダニの死骸や糞などが重要かというとハウスダストの原因は死骸や糞などが重いなっていてこれがとてもアレルギー性が高いからです。

 

細くなっているので人の気管支から簡単に体の中に入ります。

 

ダニ捕りロボの公式サイト

 

ハウスダストアレルギー

1ミクロン程度の大きさしかないからです。

 

そうすると喘息やアトピー性皮膚炎など起こしてしまいます。

 

誰の糞はとてもアレルギー性が高くてダニの死骸の2倍近いアレルギー性を持ちます。

 

これがダニがアレルゲンなると呼ばれる所以です。

 

寝室のダニの被害は深刻室内にダニがいると言うと真っ先に思い浮かべるのが布団でしょう。

 

実は布団のダニは大変な被害です。

 

ダニは25度から30度の状態湿度が60%から80%のところが一番好みですが、まさに寝る部屋はこのような状態になっています。

 

人は汗をたくさん書きますし、吐く息の中には水気がたくさん入っています。
それで人が寝ているというだけで湿度と温度が上がります。
ですのでダニが繁殖するのにとても良い環境になっています。

 

さらにはふきや赤などの餌はたくさんあるというのもダニを増やすもとになっています。
枕や布団のシーツやマットにはたくさんのえさが散らばっています。

 

そうしてそこに出ている人は1日6時間から8時間ダニアレルゲンを吸い込みアレルギーの症状が引き起こします。

 

カーペットダニ退治