空気中や畳のダニを除去する方法とは?

畳のダニの駆除方法

そして家の中ではカーペットや布団たたみや毛布ベッドの中ペットの近くすべての場所にいると言って良いでしょう。

 

空気中を舞っていることもあり、カーテンにもついていてエアコン中にも存在しています。

 

ですので見える所をちょこちょこっとを掃除しただけではダニは取れないのです。

 

ダニを除去する方法
ダニを退治する方法には4つの点に気を配ることが必要です。

 

  • まずダニのすみかを無くす
  • そして誰の餌はなくす
  • ダニの死骸や糞を掃除する
  • ダニが繁殖しやすい温度と湿度にならないようにする

この4点です。

 

この4点をクリアしてしまうのが畳は絨毯です。

 

畳や絨毯はダニの好み
湿度と温度になっていて隠れるところがあり餌がたくさん豊富です。

 

ですので繁殖するのに良いところです。

 

ですので日本の伝統的な家や畳で、じめじめしているという所だとたくさんのダニがいることになります。

 

畳には合成の畳と自然の畳がありますが、自然の畳の方が圧倒的に足りの量が多いです。

 

そしてダニがいる場所は畳だけではありません。

 

布団にもたくさんのダニがいます。
しかし毎日干したとしてもよく働いたとしても掃除機をかけたとしても完全にダニを排除することはできません。

 

だには一晩で大繁殖をすることがあります。

 

日光で起こしても死にませんし掃除機をかけても生きている種は取ることはできません。

 

喘息の発作は明け方に多いと呼ばれています。
その理由ははっきりしていませんが、寝ているうちにダニをたくさん吸い込んで朝方に喘息を起こすということもいわれています。

 

ダニは細かいフィルターでも通り抜ける

ダニは掃除機のフィルターもすり抜けることができます。

 

掃除機や排気ができないタイプの掃除機を使っても小さい粒子は簡単に住んできて空気中に飛散してしまいます。

 

ですので掃除をする時は外に布団を出して叩くなどをする必要があります。

 

畳や絨毯に掃除機を丁寧にかける
1平方メートル当たり20秒などの長い時間をかけることでダニを吸い出すことができます。

 

全てではありませんが、大半が水出すことができます。

 

そして吸い出されとダニはほとんどが掃除機の中でしに外に出てくることありません。

 

しかし問題になっているのは糞などの粉々になっているアレルゲンです。

 

これらは掃除機では取り除くことができず、仮に掃除機に吸い込まれたとしても掃除機のフィルターをすり抜けて簡単に空気中にばらまかれてしまいます。

 

そしてペットを飼っていると更に問題になります。

 

ペットの赤やふけはダニの大好きな餌です。

 

犬や猫ハムスターなどの室内で飼う

動物を飼っているところにもダニがつきダニアレルG進行します。

 

特に猫の皮膚のくずは特によくないと言われていて細くて空気中を舞う時間が長く人が吸ってしまいアレルギーのもとにでもなります。

 

電子フィルダーでダニを取れるか
ダニは小さくてなかなかそれ覗くことができないということが分かりました。

 

しかし喘息の原因はなにや小さな微粒子など様々な小さな物質が原因で起こります。

 

pm2.5やpm1.0というものは10マイクロメートル25マイクロメートル以下の微粒子が外から室内に入り込んできて我々の呼吸で吸い込んでしまいます。

 

ですのでダニの対策として窓を開けて換気をしようとすると、外からpm2.5などが入ってきて室内が汚れてしまいます。

 

人間の肺の気管支はとても小さい粒子まで入り込みます。

 

マットレスダニ対策